メインメニューを開く

焼烙(しょうらく、: cauterization)とは理学療法の一つ。火熱を用い、充血および炎症を誘発することにより治療の促進を図る。腱炎靱帯炎骨瘤化骨性骨膜炎変形性関節症飛節後腫などに適用される。止血消毒も同時に行うことができる利点がある。馬の運動器疾患で用いられることが多く、他の治療法と併用される。

関連項目編集

参考文献編集

  • 幡谷正明 『家畜外科学』 金原出版 1995年 ISBN 430779009X
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104