熊岡 美彦(くまおか よしひこ、1889年3月9日-1944年10月1日)は茨城県出身の洋画家1909年東京美術学校西洋画科に入学し和田英作藤島武二に師事を賜る[1]1913年同校卒。1926年、第1回帝国美術院賞を受賞する[2]。同年フランスへ遊学。1929年帰国。1932年斎藤与里らとともに東光会を結成[2]

出典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 物故者記事 熊岡美彦”. 東京文化財研究所. 2018年11月12日閲覧。
  2. ^ a b Kotobank-熊岡美彦.

外部リンク編集