メインメニューを開く

熙宗(きそう、1181年6月21日 - 1237年8月31日)は第21代高麗王(在位:1204年 - 1211年)。姓は王、、初名は淵、悳、諡号は仁穆誠孝大王。神宗と靖和太后金氏の長子。妃は寧仁侯 王稹の娘、成平王后任氏。娘に高宗妃安恵王后、元宗妃慶昌宮主柳氏を生んだ嘉順宮主など。

熙宗 王韺
高麗
第21代国王
王朝 高麗
在位期間 1204年2月7日 - 1212年1月30日
姓・諱 王韺(初名:淵、悳)
諡号 仁穆誠孝大王
廟号 熙宗
生年 大定21年5月8日
1181年6月21日
没年 嘉熙元年8月10日
1237年8月31日
神宗
靖和太后
后妃 成平王后
陵墓 碩陵

略年表編集

  • 1181年 神宗の第1子として生まれる。
  • 1196年 崔忠献政権が成立(武臣一族・李氏を滅ぼして政権を牛耳る)→1219年に崔忠献は死去するが、1258年まで4代62年の長きにわたって続く。
  • 1197年 明宗を廃位、神宗を王位につける。
  • 1198年 開京で私奴、万積らの反乱。
  • 1198年 溟州(江陵)、東京(慶州)、陜州など各地で反乱。
  • 1204年 熙宗即位。
  • 1205年 崔忠献を晋康郡開国侯に封じる。
  • 1211年 崔忠献より政権を王濬明らと奪回しようと計画するも、発覚し廃位される。江華から紫燕島(現・永宗島月尾島から西北に2.5キロ)に流される。
  • 1215年 喬洞に移される。
  • 1219年 開京に迎えられる。娘・徳昌宮主と崔忠献の子・崔珹が結婚する。
  • 1227年 復位の企てがあるとして、崔瑀により追放される。
  • 1237年 龍遊島の法天精舍で死去。江都に埋葬された。

家族編集

  • 成平王后任氏
    • 昌原公 王祉
    • 始寧侯 王禕
    • 慶原公 王祚
    • 大禅師 王鏡智
    • 沖明国師 王覚膺
    • 安恵王后 - 高宗
    • 永昌宮主
    • 徳昌宮主
    • 嘉順宮主 - 元宗妃慶昌宮主柳氏を生む。

脚注編集

典故新羅眞聖主十一年弓裔擊破穴口○高麗明宗二十七年崔忠獻廢王放太子璹于江華熙宗六年還京卽康宗 神宗七年崔忠獻廢王遷于江華尋移紫燕島放太子祉于仁州後王薨于法天精舍熙宗七年崔忠獻廢王遷于江華尋移喬桐高宗十九年崔瑀忠獻之子後改名怡發三領軍營宮闕 于江華王發開京次于昇天府入御江華客館 崔瑀 迎熙宗 於紫 燕島前 自喬桐又移于此二十一年徵諸道民丁營 宮闕及百司崔瑀徵州縣軍加築緣江堤岸 三十三 年幸禪源社 四十年八月習水戰于甲串江蒙兵十餘騎摽 掠甲串江外 四十二年蒙兵二十餘騎到甲串江外 蒙兵二十餘騎到昇天府京城戒嚴 四十三年蒙兵到 窄梁外崔沆瑀之子使都房分守要害 四十五年蒙兵 三百餘騎來屯甲串江外 蒙兵自窄梁來屯甲串江 外籠絡山野 四十六年蒙古元帥松吉遣使來壞江 都內外城 命營假闕於三郞城及神泥洞