メインメニューを開く

爆心 長崎の空』(ばくしん ながさきのそら)は、2013年の日本映画

爆心 長崎の空
監督 日向寺太郎
脚本 原田裕文
原作 青来有一「爆心」
出演者 北乃きい
稲森いずみ
音楽 小曽根真
主題歌 小柳ゆきひまわり
撮影 川上皓市
編集 川島章正
公開 中華人民共和国の旗 中国 2013年6月21日(SIFF
日本の旗 日本 2013年7月13日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

長崎市役所職員、長崎原爆資料館の館長でもある小説家、青来有一による連作短編集『爆心』を原作とした実写映画。

原爆を直接的に描いた作品ではなく、被爆三世である主人公を中心とした現代の長崎の人々の物語である。

あらすじ編集

ごく普通だが幸せな生活を送っていた女子大生・門田清水。ある日、何の前触れもなく母が他界してしまう。ちょっとしたことで喧嘩をしてしまい、そのことを謝罪できなかった彼女は後悔の念にかられ、母が亡くなったことを受け止められずにいた。一方、娘の一周忌が間近に迫る高森砂織は、娘が亡くなってから悲しみに暮れていた。さらに自身が妊娠していることを知り、パニックになってしまう。やがて清水と砂織は、浦上天主堂周辺で巡り合い…。

キャスト編集

スタッフ編集

発表編集

2013年6月21日、第16回上海国際映画祭コンペティション部門にて上映された[1]。日本では、7月13日に上映が開始された[2]

脚注編集

外部リンク編集