片山由美子 (俳人)

片山 由美子(かたやま ゆみこ、1952年7月17日 - )は、千葉県生まれの俳人。本姓・野口。上野学園大学ピアノ科卒業。ピアノ教師を経て句作を始め、1979年鷹羽狩行に師事した。1990年「一夜」で第5回俳句研究賞1994年「現代俳句との対話」で第8回俳人協会評論新人賞2006年「俳句を読むということ」で第21回俳人協会評論賞2013年「香雨」で第52回俳人協会賞を受賞した。俳誌「狩」同人、副主宰。俳人協会理事。青山学院女子短期大学国文科非常勤講師。NHK文化センター講師。蛇笏賞選考委員。

目次

句集編集

  • 雨の歌 (牧羊社 1984年9月)
  • 水精 (本阿弥書店 1989年9月 シリーズ銀の華)
  • 天弓 (角川書店 1995年9月)
  • 片山由美子句集 (砂子屋書房 1998年2月 現代俳人文庫)
  • 季語別片山由美子句集 (ふらんす堂 2003年4月)
  • 風待月(角川書店 2004年7月)
  • 香雨 (ふらんす堂 2012年7月)
  • 俳句日記2015 昨日の花 今日の花(ふらんす堂 2016年6月)

評論編集

  • 現代俳句女流百人 (牧羊社 1993年9月)
  • 現代俳句との対話 (本阿弥書店 1993年3月)
  • 俳句の生まれる場所 片山由美子対談集 (本阿弥書店 1995年10月)
  • 鳥のように風のように 俳句に寄せる心 (ふらんす堂 1998年7月)
  • 定本現代俳句女流百人 (北溟社 1999年9月)
  • 俳句を読むということ 片山由美子評論集 (角川書店 2006年9月)
  • 色の一句 (ふらんす堂 2008年9月 365日入門シリーズ)

共編著編集

関連文献編集

  • 小川軽舟 『現代俳句の海図 昭和三十年世代俳人たちの行方』 (角川学芸出版、2008年)

参考編集