片桐 貞経(かたぎり さだつね)は、江戸時代中期の大和国小泉藩の世嗣。通称は隼人。

 
片桐貞経
時代 江戸時代中期
生誕 貞享2年(1685年
死没 宝永6年4月18日1709年5月27日
別名 隼人(通称
大和小泉藩世嗣
氏族 片桐氏
父母 片桐貞房
兄弟 貞寛貞経
小出英利
テンプレートを表示

略歴編集

3代藩主・片桐貞房の次男として誕生。正室は小出英利の娘。

兄・貞寛が早世したため嫡子となる。元禄10年(1697年徳川綱吉に拝謁するが、家督相続前の宝永6年(1709年)に25歳で早世した。

代わって、従兄・貞起が養子に迎えられ嫡子となった。