メインメニューを開く

牧野光成(まきの みつなり、慶長19年(1614年) - 寛永14年6月22日1637年8月12日))は、江戸時代の大名世子。

越後長岡藩初代藩主・牧野忠成の長男。母は永原道真の娘。正室は本多俊次の娘。子は牧野忠成(長男)。通称は老之助。初名は忠虎。官位は従五位下、大和守。

長岡藩主嫡子として生まれた。寛永4年(1627年)に従五位下・大和守に叙任。将軍徳川家光より偏諱を賜い光成と改名。寛永11年(1634年)7月には父忠成とともに家光の上洛に随従。しかし、家督相続前の寛永14年(1637年)ににわかに死去した。享年24。代わって光成の長男・忠盛(後に忠成と改名)が嫡子となった。

法名は清厳院殿順譽徳崇興和大居士。葬地は江戸駒込の榮松院。