メインメニューを開く

牧野 康儔(まきの やすとも、安永2年3月16日1773年4月7日) - 寛政12年6月26日1800年8月16日))は、信濃小諸藩の第5代藩主。越後長岡藩分家牧野家7代。

目次

生涯編集

第4代藩主牧野康陛の長男。母は松平親盈の娘・清子。正室は松平直泰の娘。子に牧野康長(長男)、牧野康明(次男)、娘(本庄宗発正室)。官位は従五位下、内膳正。

寛政3年(1791年)12月15日に叙任する。寛政6年(1794年)、父の死去により跡を継ぎ[1]、寛政10年[1]1798年)6月19日に奏者番となる。病弱で足痛により、杖の使用を許された[1]

寛政12年(1800年)6月26日、江戸にて28歳で死去した。死因は脚気腫満であった[1]。跡を長男の康長が継いだ。法号は泰岳院殿興誉隆煕仁良大居士[1]

脚注編集

注釈編集

引用元編集

  1. ^ a b c d e 塩川『シリーズ藩物語 小諸藩』、P144

参考文献編集