メインメニューを開く

牧野 成央(まきの なりなか、元禄12年11月11日1699年12月31日) - 享保4年5月16日1719年7月3日))は、三河吉田藩の第2代藩主、日向延岡藩の初代藩主。成貞系牧野家3代。

初代吉田藩主牧野成春の長男。母は松平清照の娘。正室は壬生藩鳥居忠英の娘。官位は従五位下、備後守。

宝永4年(1707年)、父の死により9歳で家督を相続した。しかし、幼少のため正徳2年(1712年)、日向延岡に転封された。翌正徳3年(1713年)、従五位下、備後守に叙任されたが、享保4年(1719年)に21歳で早世した。家督は、義祖父牧野成貞の長男の貞通が継いだ。