犬養康彦

日本の実業家

犬養 康彦(いぬかい やすひこ、1928年4月1日 - 2015年7月12日)は、日本の実業家共同通信社の元社長(1991年 - 1998年)。

経歴編集

東京犬養健、仲子(後藤象二郎の孫娘)の長男として生まれる。学習院大学文政学部卒業後、共同通信社に入社。人事部長、総務部長、社会部長、論説主幹などを歴任した後、1991年社長に就任。退任後は相談役を務めた。学習院時代の登山仲間に顔恵民がいる。

2015年7月12日、虚血性心疾患のため死去[1]。87歳没。

家族・親族編集

脚注編集

  1. ^ “元共同通信社長の犬養康彦氏死去 87歳”. 中日新聞. (2015年7月14日). オリジナルの2015年7月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/ANqZh