犬養木堂記念館(いぬかいぼくどうきねんかん)は、 岡山県岡山市北区にある岡山県立の犬養毅の記念館。なお、「木堂」は犬養毅のである。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 犬養木堂記念館
Inukai Bokudo Museum
旧犬養家住宅(重要文化財)
施設情報
正式名称 犬養木堂記念館[1]
専門分野 犬養毅顕彰
事業主体 岡山県
管理運営 公益財団法人岡山県郷土文化財団(指定管理者[2]
開館 1993年10月
所在地 701-0161
岡山県岡山市北区川入102-1
位置 北緯34度39分7.68秒
東経133度50分34.1秒
座標: 北緯34度39分7.68秒 東経133度50分34.1秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

地理院地図 Googleマップ 犬養木堂記念館

概要編集

憲政の神様」と呼ばれ、五・一五事件に倒れた第29代内閣総理大臣であった犬養毅を記念して平成5年(1993年)10月に開館した。犬養毅の生家であり国の重要文化財に指定されている旧犬養家住宅に隣接して建てられている。犬養毅の生涯を写真等により紹介し、像・遺品・遺墨・手紙などを展示している。

旧犬養家住宅編集

記念館前にある旧犬養家住宅(犬養毅生家)は江戸時代中期の岡山県南部の代表的な民家建築である。犬養家は代々、庭瀬藩庄屋を務めていた。正徳年間(1711年 - 1715年)に建造されたと伝えられている。1977年昭和52年)4月8日、岡山県の史跡に指定[3]1978年(昭和53年)1月21日、国の重要文化財に指定。

交通アクセス編集

利用案内編集

利用時は公式ホームページを参照されたい。

開館時間
  • 9時 - 17時(16時30分までに入館)
休館日
入館料
  • 無料

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岡山県犬養木堂記念館条例
  2. ^ 指定管理者制度の導入
  3. ^ おかやまの文化財

外部リンク編集