メインメニューを開く

猪子 利男(いのこ としお、1921年5月24日 - 1998年5月26日)は、愛知県中島郡一宮町(現:一宮市)出身のプロ野球選手

猪子 利男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県一宮市(旧:一宮町)
生年月日 (1921-05-24) 1921年5月24日
没年月日 (1998-05-26) 1998年5月26日(77歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手 外野手
プロ入り 1941年
初出場 1941年
最終出場 1943年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

東邦商業では春夏合わせて5度の甲子園に出場し、第16回選抜野球大会ではレギュラー遊撃手として優勝を経験した。

1941年南海軍へ入団し、1942年には33犠打を記録している。これは当時のプロ野球記録でもあり、1965年近藤昭仁大洋)が41犠打で更新するまで、23年間も破られなかった。また、長年球団記録でもあったが、2009年川崎宗則が43犠打、2010年には本多雄一が50犠打で記録を更新した。[1]

1944年応召。終戦後は福井県の紡績会社で働いていたが、1948年函館太洋倶楽部へ入団し、主将として都市対抗野球大会へ出場するなど1952年までプレーした。

その後も、函館太洋倶楽部創部90年を記念して設立されたOB会の初代会長に就任するなど、後進の指導に力を入れていたが、1998年5月26日に死去した[2]。77歳の誕生日を迎えた2日後のことであった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1941 南海 43 135 120 14 23 1 0 0 24 6 1 -- 4 -- 11 -- 0 10 -- .192 .260 .200 .460
1942 105 425 349 35 69 8 3 1 86 17 16 6 33 -- 42 -- 1 28 -- .198 .286 .246 .532
1943 82 367 317 23 55 3 4 1 69 11 18 7 9 -- 38 -- 3 21 -- .174 .268 .218 .486
通算:3年 230 927 786 72 147 12 7 2 179 34 35 13 46 -- 91 -- 4 59 -- .187 .275 .228 .503

背番号編集

  • 10 (1941年 - 1944年)

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集