猫十字社

猫十字社(ねこじゅうじしゃ、1962年3月6日[1] - )は、日本漫画家。本名:森島利永子

猫十字社
本名 森島利永子
生誕 1962年3月6日 -
日本の旗 日本 長野県
国籍 日本
活動期間 1978年 -
ジャンル 少女漫画
ファンタジー漫画
代表作 黒のもんもん組
小さなお茶会』など
公式サイト 猫つぐら島
テンプレートを表示

目次

略歴編集

長野県飯田市出身。1978年昭和53年)、「天使の一日」でデビュー。同年から白泉社花とゆめ』『LaLa』等に「黒のもんもん組」「小さなお茶会」を発表する。1990年には同人誌「動じん誌」を発行する。

独特の言語感覚で同時代には先鋭的なギャグ漫画と評された「黒のもんもん組」や、温かいメルヘンな絵柄で日常的な生活が描かれる4コマ漫画でありながら、4コマの連続で多様なメタファーを含む寓話的エピソードも出現する「小さなお茶会」などの作品を発表している。

その後は少女漫画をベースに、幻想的で壮大なスケールのファンタジー作品「幻獣の國物語」などを発表している。

1984年に『ひらけ!ポンキッキ』の挿入歌「ケンカのあとは」(歌:ケント・ギルバート、ジュン・マリー)のアニメーション映像として、「小さなお茶会」のキャラクターが起用されたほか、「もっぷ」と「ぷりん」は一時期商工信組のキャラクターとしても使用されていた。

2007年には週刊誌『SPA!』(扶桑社)に動物ものエッセイ漫画も連載している。また、長野県上田市にある珍味メーカー「うえの屋」のパッケージイラストを担当していたことがある。

作品編集

  • 天使の一日(1978年)
  • 黒のもんもん組(1978年)
  • 小さなお茶会(1978年 - 1987年)
  • 県立御陀仏高校(1986年)
  • 華本さんちのご兄弟(1987年)
  • 幻想作品集・夢売り
  • 幻獣の國物語(“TEAM 猫十字社”名義)アップルミステリー掲載(宙出版)(1990年)

その他編集

同名のJ-POPユニット「猫十字社」が存在するが、これは猫十字社本人の許可を得てつけたものである[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『Fusion Product 創刊号』ふゅーじょんぷろだくと、1981年7月。PP188-189。
  2. ^ ユニット名の由来-「猫十字社」、2012年2月9日閲覧。

外部リンク編集