玉井 清弘(たまい きよひろ、1940年7月21日 - )は、歌人。歌誌「音」選者・編集運営委員会代表。香川県高松市在住。

経歴編集

愛媛県生まれ。國學院大学文学部日本文学科卒業。香川県立高松高等学校などの教諭を務める。玉井の影響を受けて作歌を始めた教え子に棚木恒寿などがいる。

1965年、窪田章一郎の「まひる野」に入会。1982年、武川忠一の「音」に参加。四国を拠点とし、自らの住む所を詠み続ける地方歌人の代表的存在である。四国新聞愛媛新聞朝日新聞香川版の歌壇選者。

受賞歴編集

著書編集

  • 歌集 『久露 (きゅうろ)』 角川書店 1976 (新鋭歌人叢書)
  • 歌集 『風筝 (ふうそう)』 雁書館 1986 (音叢書)
  • 『鑑賞・現代短歌 8 上田三四二本阿弥書店 1993
  • 歌集 『麴塵 (きくじん)』 雁書館 1993 (音叢書)
  • 歌集 玉井清弘』 砂子屋書房 1995 (現代短歌文庫)
  • 歌集 『清漣 (せいれん)』 砂子屋書房 1998
  • 歌集 『六白 (ろっぱく)』 ながらみ書房 2001 (音叢書)  
  • 歌集 『谷風 (こくふう)』 短歌研究社 2004 (音叢書)
  • 『時計回りの遊行 歌人のゆく四国遍路』 本阿弥書店 2007
  • 歌集 『天籟 (てんらい)』 短歌研究社 2007 (音叢書)
  • 歌集 『屋嶋 (やしま)』 角川書店 2013 (音叢書)
  • 歌集 『谿泉 (けいせん)』 角川文化振興財団 2018 (音叢書)

脚注編集

  1. ^ a b c 新・さぬき野(香川県情報誌)NO.46、知事対談、2014年閲覧。
  2. ^ 山本健吉文学賞 短歌四季大賞に/歌集「六白」でダブル受賞。四国新聞、2002年4月5日閲覧。
  3. ^ 詩歌文学館賞に玉井さん。四国新聞、2014年3月13日閲覧。
  4. ^ 歩き出会った四国 詠み続け/迢空賞の歌人 玉井清弘。朝日新聞 関西版 夕刊、2014年5月7日閲覧。
  5. ^ 地域文化功労者大臣表彰/玉井、藤平氏輝く。四国新聞、2014年10月31日閲覧。
  6. ^ 第56回 四国新聞文化賞/遍路で得た風土に愛着。四国新聞、2016年2月26日閲覧。