メインメニューを開く

玉垣 額之助(4代)(たまがき がくのすけ、1784年天明4年) - 1824年文政7年)8月28日8月5日))は、肥前国高来郡(現:長崎県雲仙市)出身の元大相撲力士。本名は田中 喜作(たなか きさく)(旧姓:岡田)。

玉垣 額之助 Sumo pictogram.svg
Tamagaki Gakunosuke.jpg
玉垣額之助(4代)
基礎情報
四股名 玉垣 額之助
本名 田中 喜作(旧姓:岡田)
生年月日 1784年
没年月日 1824年8月28日(旧暦8月5日
出身 肥前国高来郡
(現:長崎県雲仙市
身長 176cm
体重 105kg
所属部屋 不明(大坂)→玉垣部屋(江戸)
成績
現在の番付 引退
最高位 西大関
幕内戦歴 119勝27敗13分1預14無62休(25場所)
優勝 優勝相当成績7回
データ
初土俵 1806年11月場所(二段目付出)
入幕 1813年10月場所
引退 1824年1月場所
備考
2019年6月30日現在

来歴編集

1784年天明4年)に肥前国高来郡(現:長崎県雲仙市)で生まれる。当初は大坂相撲に加入していたが、後に江戸相撲・玉垣部屋へ移籍している。初土俵から間もない幕下二段目の時に徳島藩が抱え力士としようとするが、「阿波の稲は 島原の梁(よい米)に如かず」として拒否、これに感激した島原藩主・松平忠憑から1813年徒士として召し抱えられた。

柏戸利助の良き好敵手で、当時の川柳には「(玉)垣と(柏)戸を 西と東のに据え」「玉垣も 柏(戸)も地から 生えたよう」とあるように、東西の大関に玉垣と柏戸が並び、両者とも重い腰で熱戦を繰り広げ、なかなか土俵を割らない様子が歌われている。玉垣自身は小兵ながら技巧派の取り口で、1814年文化11年)11月場所では実力本位の番付に再編成されたことが影響し、前頭筆頭から大関へ一期に昇進した。1823年(文政6年)には柏戸と共に五条家から横綱免許が授与されたが、柏戸が横綱土俵入りを辞退したのを見たためか、玉垣自身も辞退した。また、貰った綱も木戸口に飾っただけで横綱土俵入りを行わず、そのまま柏戸と共に横綱の話は有耶無耶となった[1]

玉垣は結局、一度も横綱として綱を締めることができないまま、1824年文政7年)8月5日に現役のまま死去、40歳没。

主な成績編集

  • 通算幕内成績:119勝27敗13分1預14無62休 勝率.815
  • 幕内在位:25場所

脚注編集

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年6月号54頁

関連項目編集