メインメニューを開く

玉川スミ

玉川 スミ(たまがわ すみ、本名:中川 スミ、1920年7月17日 - 2012年9月25日)は、女流俗曲師(音曲師、三味線漫談家)。生前は落語芸術協会所属し、同協会の参与を務めた。

玉川スミ(1982年 - 1983年ごろ、楽屋での写真)

目次

人物編集

福島県郡山市出身。父が浪曲師の桃中軒雲工桃中軒雲右衛門の弟子)。父の影響で天才少女浪曲師として初舞台を踏む。

初舞台は3歳のときで、14歳までに13回親が変わっている。

その後、女歌舞伎新派喜劇民謡女道楽漫才都々逸松づくし等あらゆる寄席芸を習得してきた。漫才では「桂小豆」の名で「大朝家シゲオ」(後の「宮アオバ・シゲオ」の「宮シゲオ」)や、大江茂(妻は大江笙子)とコンビを組む。1971年文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。1991年勲五等宝冠章受章、2002年松尾芸能賞・特別賞受賞。

その後は定席の寄席を中心に高座を勤める一方で、日本テレビ系の時代劇『桃太郎侍』では、上方屋の女将・おはる役として長らくレギュラー出演した。

1991年3月、宮崎県延岡市の今山大師で得度を受け、「澄光尼」の法号を授かる[1]

晩年は人のオーラが見えると発言していた(MBSテレビ痛快!明石家電視台』でのナイツによる発言)。

桂米助は「寄席の世界のシーラカンス」(2007年5月15日放送のNHKラジオ第一真打ち競演』で演じた「最後の審判」のマクラ冒頭(桂米助の前に彼女が出ていた流れで))、また瀧川鯉昇は「我々の業界の最長老」(「瀧川鯉昇1」収録の「ちりとてちん」のマクラ)と称した。

2012年9月25日、心不全のため死去。92歳没[2]

出演番組編集

著書編集

  • ちょっと泣かせて下さい 三味線漫談家玉川スミ 東映企画プロモーション 1983年
  • 泣いて笑って突っぱって 北泉社 1985年
  • こけつまろびつ人生 ひとりの女として舞台一笑の熱い時。 善文社 1995年
  • 世紀末にドドイツを くまざき社 1999年

出典編集

  1. ^ 玉川スミ - 落語芸術協会 協会員プロフィール
  2. ^ “三味線漫談・玉川スミさん死去…92歳”. 読売新聞. (2012年9月25日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120925-OYT1T00735.htm 2012年9月25日閲覧。 

外部リンク編集