メインメニューを開く
将棋 > 将棋の戦法 > 振り飛車 > 玉頭銀
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
玉頭銀

玉頭銀(ぎょくとうぎん)は、将棋振り飛車で用いられる手法のこと。振り飛車側の左を5六 - 4五 - 3四(振り飛車側が先手の場合、以下も同様)と進出させる指し方である。対急戦、対持久戦、共に現れる。

対急戦編集

独走銀のように奇襲戦法に分類される指し方もあるが、通常の定跡手順の中でも4五歩早仕掛け模様の対策として登場することがある。

▲3四銀の形から飛車桂馬香車と連動して2三の地点を狙う指し方、もしくは歩を多く持ち▲1五歩から端攻めを狙う指し方がある。上記のような狙いが決まらなくても、△3四歩が無い舟囲いは非常に薄くなるため、実戦的に有効な指し方と言える。

また序盤だけでなく、特に振り飛車が四間飛車である場合は取り残されがちな左銀を中盤以降に働かせる時も玉頭銀は頻出する。

対持久戦編集

穴熊では△3四歩をとる変化になることはめったになく、居飛車側がそれを防いで△4四歩や△4四銀と形を決めることが多く、それが振り飛車側の狙いでもある。そのため厳密な意味での玉頭銀は出現しにくい。こうすることによって居飛車の穴熊は弱体化し、右▲4六銀からの仕掛けや、ビッグ4を消すこともできる。しかし早めに▲5六銀と上がる指し方は振り飛車側の形を決めてしまうことにもなるため、場合によっては振り飛車側が打開が難しい状況に陥ることもある。

参考文献編集