メインメニューを開く
将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 居飛車舟囲い急戦 > 4五歩早仕掛け

4五歩早仕掛け将棋戦法の一つ。居飛車舟囲い急戦の一種で、主に四間飛車三間飛車に対して用いる(中飛車に対しても用いることがある[1])。

概要編集

居飛車対振り飛車の将棋において、振り飛車側は角で居飛車側の飛車の突破を防いでいることが多い。そこで居飛車側が▲4六歩 - ▲4五歩と角交換を挑み、振り飛車側の角をどけて飛車を成り込むのが狙いである[2]

対四間飛車編集

四間飛車側が△4三銀と上がっている場合に有力。

6九金型編集

△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
対四間飛車6九金型基本図

後手はここで△5四歩とするのも自然な手。以下先手が▲4五歩と仕掛けるのがこの戦法の骨子で、△4五同歩なら▲3三角成△同桂▲2四歩で飛車の突破が見込める先手が有利になる[3]。そこで▲4五歩には△6四歩▲3七桂△7四歩(または△6三金)と互いに力を貯めてから▲2四歩と仕掛けるのが定跡である[4]

これに△2四同歩なら、▲4四歩△同銀▲4五歩△同銀▲同桂△同飛▲3三角成△同桂▲2四飛が一例で、先手が有利となる[5]。後手は△7四歩と△6三金の両方を指さなければ、先手からの寄せが厳しくなるためである(△7四歩だけでは▲8六桂が厳しく、△6三金だけだと美濃囲いが狭い上に▲7五桂が厳しい)[6]。△2四同角には▲4四歩△同銀▲4五歩△3三銀と抑えて▲4七銀 - ▲4六銀左と持久戦にするのも有力だが、居飛車が手を作りにくい[7]。そこで▲4四歩△同銀には▲4三歩△同飛▲2四飛△同歩▲3二角と攻めるのが明快である。以下△4二飛▲2一角成△4一飛打▲3三桂△5一飛で後手受け切りが定説であったが[8]、▲9五歩△同歩▲同香△同香▲4三歩という郷田真隆の新手で、先手が攻めきれるという結論に変わった[9]。 そのため△5四歩に換え△5四銀と玉頭銀を見せるのが有力で[10]、先手の打開が難しい。薄くなった角頭を狙う▲3八飛も、△4三銀(藤井猛の新手)と引き返して千日手を狙われてしまう[11]

6八金型編集

6九金型の基本図での▲4六歩を尚早と見て、▲6八金上△5四歩の交換を入れてから▲4六歩とする作戦もある[12]。しかし1手仕掛けが遅れるため後手に△6三金 - △7四歩(手順前後には▲3七桂に換えて▲4六銀と出て△4五歩を催促し、無理やり角交換に持ち込む米長邦雄の新手がある)の2手で陣形を安定させてしまう[13]上に、△8四桂 - △7六桂の反撃でその▲6八金を狙われるのが厳しい[14]。それでも居飛車側も十分に指せると言われている[15]

対三間飛車編集

三間飛車は飛車を3筋に回しているので、棒銀斜め棒銀に対して強く捌ける。そのため4五歩早仕掛けが有力とされる。

急戦編集

△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
対三間飛車急戦基本図

参考図までの手順で、▲3七桂には常に△2二飛の一手であり、この手を怠ると▲4五歩△同歩▲3三角成△同銀▲4五桂△4四銀▲2四歩以下先手に飛車先の突破を許してしまう[16]。後手は4二銀型を保つのも肝要で、四間飛車のように4筋から反撃出来ない場合、△4三銀と立つと4筋からの仕掛けに対し当たりを強めてしまうだけでなく、▲3三角成に△同銀とする筋を失ってしまう(▲4五歩に△4二飛は四間飛車に比べて純粋な手損となり、やはり後手苦しい)。また△2二飛に換えて△4三銀だと▲4五歩△3五歩▲同歩△4五歩▲3三角成△同飛▲2四歩△3六歩▲2三歩成△3五飛▲2五飛と進んで先手良しとされているが[17]、この▲2五飛に△同飛ならば▲同桂で手順に桂を逃げられるが△3四銀とされると容易でないとして、手順中△3五歩には▲2四歩△同歩▲4四歩△同銀▲4五歩が優り先手良しとする研究もある[18]。いずれにせよ△4三銀と上がる手が成立しないという結論に変わりはない。

基本図から▲5五歩△同歩▲4五歩と仕掛ける(▲4五歩△同歩▲5五歩の手順前後は△5五同角で先手不利)[19]。△4五同歩は▲同桂△4四角▲5四歩と進み、▲5三歩成から駒得が確実になり先手良しである[20]。そこで▲4五歩には△5三銀▲4六銀と進め、後手には△5四銀と△5六歩の2つの手がある。△5四銀ならば▲5五銀△同銀▲同角△4三金と進み銀交換になる[21]。従来は▲8八角△4五歩▲5五銀△4四銀▲同銀△同金▲2四歩△同歩▲2三歩△同飛▲3二銀△2二飛▲2一銀成△同飛▲4五桂で居飛車良しが定説だった[22]が、丸山忠久が△2一飛に換えて△2三飛と辛抱する手を発見し、これは難解である[23]。△5六歩には先手が▲4七銀から歩を取りにいき後手は△3九角から馬を作る将棋になるが、居飛車良しが定説である[24]。三間飛車のスペシャリストである中田功は△5四銀を推奨している[25]。実際、平成元年 - 平成21年度末までのプロの公式戦では、△5四銀型は居飛車の6勝8敗、△5六歩型は居飛車の20勝6敗である[26]

なお三間飛車側が先手の場合、図に△6三金が入っている勘定になるため(実際は先手番なので▲4七金)、後手の居飛車側が△6五歩▲同歩△5五歩としても▲同歩△6五桂▲6六角△6四銀▲5六金で、居飛車側の仕掛けは成立しない。

超急戦編集

△持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 なし
対三間飛車超急戦基本図

▲6八銀 - ▲5七銀左 - ▲3七桂を省略し、後手が美濃囲いを完成させていない段階で▲4五歩△同歩▲5五歩と仕掛ける手も存在する[27]。まだ居飛車が▲3七桂と跳ねていないため、後手は△5五同歩と取れる[28]。以下▲3七桂に△5六歩から角を捌いてしまうのが三間飛車側の狙いで、▲4五桂の筋を緩和する。先手は▲2四歩△同歩▲3三角成△同銀▲4五桂と攻めたてる。これに対し△4四銀なら▲2四飛で先手良しだが[29]、飛車取りと同時に2四を受ける△4六角がある。先手には▲3三桂成から銀桂交換の狙いがあるものの、後手に△3三同桂 - △4五桂と捌かれる恐れがあり、難解な勝負である[30]

また基本図に至るまでの手順で三間飛車側が△8二玉に換えて△9四歩とし、△6一金にヒモをつける指し方もある[31]。なお三間飛車が先手の場合は美濃囲いが完成しているため、この仕掛けは上手くいかない。

脚注編集

  1. ^ 『急戦!振り飛車破り 4 徹底4五歩早仕掛け』p.222
  2. ^ 『急戦!振り飛車破り 4 徹底4五歩早仕掛け』まえがき
  3. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.13
  4. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.14
  5. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.17
  6. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.16,18,31
  7. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.24
  8. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.25
  9. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.26
  10. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.34
  11. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.62
  12. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.68
  13. ^ 『将棋世界2011年8月号』p.56
  14. ^ 『四間飛車破り(急戦編)』p.16
  15. ^ 『将棋世界2011年8月号』p.58
  16. ^ 『羽生の頭脳(急戦、中飛車・三間飛車破り)』p.14
  17. ^ 『仕掛け大全(振り飛車編)』38頁-39頁の手順を応用。
  18. ^ 『先手三間飛車破り』p.17-p.19
  19. ^ 『羽生の頭脳(急戦、中飛車・三間飛車破り)』p.17
  20. ^ 『羽生の頭脳(急戦、中飛車・三間飛車破り)』p.18
  21. ^ 『羽生の頭脳(急戦、中飛車・三間飛車破り)』p.19
  22. ^ 『羽生の頭脳(急戦、中飛車・三間飛車破り)』p.23
  23. ^ 『コーヤン流三間飛車の極意(急戦編)』
  24. ^ 『羽生の頭脳(急戦、中飛車・三間飛車破り)』p.47
  25. ^ 『コーヤン流三間飛車の極意(急戦編)』
  26. ^ 『イメージと読みの将棋観・2』p.150
  27. ^ 『コーヤン流三間飛車の極意(急戦編)』
  28. ^ 『居飛車対振り飛車I』p.130
  29. ^ 『居飛車対振り飛車I』p.132
  30. ^ 『居飛車対振り飛車I』p.133
  31. ^ 『コーヤン流三間飛車の極意(急戦編)』

参考文献編集