王 偃(おう えん、403年 - 456年)は、南朝宋外戚。東晋の簡文帝の外孫。は子游。本貫琅邪郡臨沂県東晋丞相王導の玄孫にあたる。

経歴編集

尚書の王嘏(王誕の兄)と鄱陽長公主(東晋の簡文帝の娘、南朝宋に入って永成君)のあいだの子として生まれた。劉裕の次女の呉興長公主劉栄男を妻に迎え、若くして黄門侍郎・秘書監・侍中といった顕官を歴任した。文帝元嘉末年、散騎常侍・右衛将軍となった。453年(元嘉30年)、孝武帝が即位すると、皇后王憲嫄の父として、金紫光禄大夫の位を受け、義陽王劉昶の王師を兼ねた。455年孝建2年)5月、右光禄大夫の位を受けた。王偃の態度は謙虚でつつましく、世事に関わろうとしなかった。456年(孝建3年)2月、死去した。享年は54。開府儀同三司の位を追贈された。は恭公といった。

子女編集

  • 王藻(東陽郡太守、文帝の六女の臨川長公主劉英媛を妻に迎えたが、王藻が呉崇祖を寵愛したため、公主は前廃帝に訴え、王藻は獄に下されて死去した)
  • 王懋(字は昌業、光禄大夫・南郷侯)
  • 王攸(字は昌達、太宰従事中郎、早逝)
  • 王臻
  • 王憲嫄(宋の孝武帝の文穆皇后)

伝記資料編集