王 巡(おう じゅん、? - 23年)は、中国代の武将。

事跡編集

姓名 王巡
時代
生没年 生年不詳 - 23年地皇4年)
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 震狄将軍〔新〕→車騎将軍〔新〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 王莽
家族・一族 〔不詳〕

王莽配下の武将である。

始建国2年(10年)、王莽が立国将軍孫建に命じ12将軍を率いて匈奴を討伐させる。王巡も震狄将軍として、厭難将軍陳欽とともに雲中郡から出撃している。その後も陳欽とともに雲中郡の葛邪塞に駐屯し、しばしば進攻してくる匈奴と交戦した。

しばらくすると王巡は三輔に召喚され、車騎将軍に任命されている。地皇4年(23年)正月、納言将軍荘尤(厳尤)、秩宗将軍陳茂、左隊大夫王呉とともに、南陽の反新軍(のち更始帝を擁立)を討伐するよう王莽から命じられた。

同年10月、更始帝配下の軍が長安を攻撃してくると、王巡は大司馬王邑らとともに、部隊を率いて抗戦した。しかし防衛線を破られ、城内への進入を許してしまう。王巡は漸台にいた王莽を護衛し、迫り来る敵軍を懸命に食い止めた。しかし、ついに白兵戦の中で戦死した。

参考文献編集

  • 漢書』巻99中列伝69中・下王莽伝中・下 巻94下列伝64下匈奴伝下

関連記事編集