王 建(おう けん)は、十国前蜀の初代皇帝。廟号高祖

高祖 王建
前蜀
初代皇帝
王建像03425.jpg
王朝 前蜀
在位期間 天復7年9月25日 - 光天元年6月1日
907年11月3日 - 918年7月11日
都城 成都
姓・諱 王建
光図
諡号 神武聖文孝徳明恵皇帝
廟号 高祖
生年 大中元年2月8日
847年2月26日
没年 光天元年6月1日
918年7月11日
王金
田令孜(仮父)
后妃 周皇后
陵墓 永陵
年号 天復 : 907年
武成 : 908年 - 910年
永平 : 911年 - 915年
通正 : 916年
天漢 : 917年
光天 : 918年
永陵正門(成都市三洞橋西北)
永陵の墓道、正面が陵墓

生涯編集

蜀を得る編集

許州舞陽県に生まれる。若い頃は屠殺や塩の密売に関わる無頼の徒であり、許州では賊王八と称されていた。

黄巣の乱が発生すると官軍に参加してその鎮圧に軍功を上げた。その後、朝廷の実力派宦官である田令孜の仮子(養子)となり、僖宗に脱出する際の功績により神策軍使、西川節度使、壁州刺史などを歴任した。

王建は在地勢力の歓心を買い、自らの陣営に取り込むことで勢力を拡大し、文徳元年(888年)には永平軍節度使に、大順2年(891年)には仮父を殺害して成都を制圧、更には剣南西川藩鎮を滅亡させ、西川を根拠地に定め、四川全域をほぼ掌握した。

天復元年(901年)に鳳翔の岐王李茂貞より漢中を奪い、天復2年(902年)には山南西道を手に入れ、天復3年(903年)には蜀王に封ぜられるに至った。

即位編集

天祐4年(907年)に後梁に滅ぼされると、後梁の支配を嫌い、皇帝を称して元号天復と改め、国号を大蜀と定めた。後世の史家は前蜀と呼びならわしている。

天然の要害である地理条件と、塩や鉄といった重要資源を豊富に産出する経済条件を利用し、在位期間中は国内の安定に力を注いだ。農業振興と水利事業を推し進め、「与民休息」の政策を実現した。また、多くの文人が平和を求めて前蜀に移動し、彼らを保護する文化振興政策も実行している。しかしその反面、国内への監視に注意を払い、「尋事団」と呼ばれる秘密警察を作り、不満分子を圧殺した一面も有している。

宗室編集

后妃編集

  • 順徳皇后周氏
  • 貴妃張氏
  • 賢妃徐氏
  • 淑妃徐氏
  • 馬氏、周氏、宋氏、陳氏、褚氏、喬氏

男子編集

女子編集

  • 普慈公主
  • 安康公主
  • 峨嵋公主

仮子編集

先代
前蜀の初代皇帝
907年 - 918年
次代
後主