メインメニューを開く

王建(おう けん)は、十国前蜀の初代皇帝。廟号高祖

高祖 王建
前蜀
初代皇帝
王朝 前蜀
在位期間 907年11月3日 - 918年7月11日
都城 成都
姓・諱 王建
光図
諡号 神武聖文孝徳明恵皇帝
廟号 高祖
生年 大中元年2月8日
847年2月26日
没年 光天元年6月1日
918年7月11日
王金
田令孜(仮父)
后妃 周皇后
陵墓 永陵
年号 天復 : 907年
武成 : 908年 - 910年
永平 : 911年 - 915年
通正 : 916年
天漢 : 917年
光天 : 918年
永陵正門(成都市三洞橋西北)
永陵の墓道、正面が陵墓

目次

生涯編集

蜀を得る編集

許州舞陽(現在の河南省漯河市舞陽県)に生まれる。若い頃は屠殺や塩の密売に関わる無頼の徒であり、許州では賊王八と称されていた。

黄巣の乱が発生すると官軍に参加してその鎮圧に軍功を上げた。その後、朝廷の実力派宦官である田令孜の仮子(養子)となり、僖宗に脱出する際の功績により神策軍使、西川節度使、壁州刺史などを歴任した。

王建は在地勢力の歓心を買い、自らの陣営に取り込むことで勢力を拡大し、文徳元年(888年)には永平節度使に、大順2年(891年)には仮父を殺害して成都を制圧、更には剣南西川藩鎮を滅亡させ、西川を根拠地に定め、四川全域をほぼ掌握した。

天復元年(901年)に鳳翔の岐王李茂貞より漢中を奪い、天復2年(902年)には山南西道を手に入れ、天復3年(903年)には蜀王に封ぜられるに至った。

即位編集

天祐4年(907年)に後梁に滅ぼされると、後梁の支配を嫌い、皇帝を称して元号天復と改め、国号を大蜀と定めた。後世の史家は前蜀と呼びならわしている。

天然の要害である地理条件と、塩や鉄といった重要資源を豊富に産出する経済条件を利用し、在位期間中は国内の安定に力を注いだ。農業振興と水利事業を推し進め、与民休息の政策を実現した。また、多くの文人が平和を求めて前蜀に移動し、彼らを保護する文化振興政策も実行している。しかしその反面、国内への監視に注意を払い、尋事団と呼ばれる秘密警察を作り、不満分子を圧殺した一面も有している。

宗室編集

妻妾編集

  • 順徳皇后周氏
  • 淑妃徐氏、貴妃徐氏
  • 喬氏、馬氏、周氏、王氏、張氏、宋氏、陳氏、諸氏

子女編集

仮子編集

  1. 王宗弼(鉅鹿王・中書令、本名は魏弘夫)
  2. 王宗侃(楽安王・中書令、本名は田師侃)
  3. 王宗浩(興州刺史)
  4. 王宗賀(興元留後)
  5. 王宗綰(臨洮王・中書令、本名は李綰)
  6. 王宗裔(瑯琊王)
  7. 王宗翰(集王、本姓は孟氏)
  8. 王宗夔(瑯琊王)
  9. 王宗播(臨潁王・中書令、本名は許存)
  10. 王宗黯(瑯琊王、本名は吉諫)
  11. 王宗阮(決勝兵馬都知使、本名は文武堅)
  12. 王宗昱(天雄節度使)
  13. 王宗本(本名は謝従本)
  14. 王宗渥(親従都指揮使、本名は鄭渥)
  15. 王宗滌(山南西道節度使・同平章事、本名は華洪)
  16. 王宗瑤(臨淄王・中書令、本名は姜郅)
  17. 王宗佶(中書令、本姓は甘氏)
  18. 王宗勉(本名は趙章)
  19. 王宗祐(彭州刺史)
  20. 王宗謹(本名は王釗)
  21. 王宗訓(武泰節度使、本名は王茂権)
  22. 王宗矩(本名は侯矩)
  23. 王宗勲
  24. 王宗朗(雄武節度使、本名は全師朗)
  25. 王宗威(山南節度使)
  26. 王宗儔(山南節度使・中書令)
  27. 王宗儼(甲申指揮使)
  28. 王宗魯(武興節度使)
  29. 王宗鐸(興州刺史)
  30. 王宗宏
  31. 王宗範(妃嬪の周氏と前夫の子)
  32. 王宗晏(永寧節度使)
  33. 王宗寿(武信節度使‧嘉王、王建の族子)
  34. 王宗信(左神勇軍使)
  35. 王宗弁(蜀州刺史、本名は鹿弁)
  36. 王宗汭(招討副使)
  37. 王宗儒(本名は楊儒)
  38. 王宗鍔(右定遠軍使)
先代:
前蜀の初代皇帝
907年 - 918年
次代:
後主