メインメニューを開く

王 衍(おう えん)は、十国前蜀の第2代(最後)の皇帝。一般には後主と称されている。

後主 王衍
前蜀
第2代皇帝
王朝 前蜀
在位期間 918年7月12日 - 925年12月15日
姓・諱 王宗衍→王衍
化源
諡号 聖徳明孝皇帝
生年 天復元年7月15日
901年8月31日)?
没年 天成元年4月4日
926年5月18日
高祖
徐賢妃
后妃 高皇后
陵墓 長安県三趙村
年号 乾徳 : 919年 - 924年
咸康 : 925年

目次

生涯編集

高祖王建の十一男として成都で生まれ、鄭王に封じられた。当初は次兄の王宗懿が立太子されていたが、母の徐氏が高祖の寵愛を受けるに従い、王衍が太子に立てられた。

高祖の崩御により帝位に即位するが、国政を宦官宋光嗣らに任せ、自らは奢侈荒淫にふけり民心を失った。

咸康元年(925年)に後唐の荘宗李存勗によって攻撃を受け、成都は陥落、王衍は後唐軍に降り、前蜀は滅亡した。

滅亡後、王衍は通正公に封じられた。しかし長安に送られる途中、後に禍根となることを恐れた李存勗により、秦川駅で一族もろとも殺害された。死後、後唐の明宗李嗣源により順正公に追封された。

妻子編集

妻妾編集

  • 皇后高氏
  • 貴妃金飛山、元妃韋氏、貴妃銭氏、順妃蘇氏、昭儀李舜弦、宮人李玉簫
  • 宮人劉氏

子女編集

  • 男子:王承祧、王承祀
    いずれも李存勗に処刑された
先代:
高祖
前蜀の第2代皇帝
919年 - 925年
次代:
滅亡