王績(おう せき、585年 - 644年)は、中国詩人。絳州(こうしゅう)竜門(山西省河津市)出身。は無功。

末の儒者王通の弟。の官僚となったが、天下の乱れを察し、職を捨てて郷里へ逃げ帰った。唐になってから召し出され、門下省の待詔となったが、仕官を望まず、太宗貞観初年に辞職して帰り、黄河のほとりの東皐(とうこう)に隠棲した。酒を好み、家の周りには黍を植えて春秋に酒を造り、鴨や雁を飼い、『易経』『老子』『荘子』だけを座右に置き、東皐子(とうこうし)と号して自由な生活を送ったという。

『東皐子集』一巻がある。

参考文献編集