王領ハンガリー(おうりょうハンガリー、ハンガリー語:Királyi Magyarország, ドイツ語:Königliches Ungarn)は、近世ヨーロッパに存在した地域区分。ハンガリーの歴史的な支配領域の一つ。

Central europe 1572.png
1683年頃のハンガリーの地図

歴史編集

1541年オスマン帝国によってブダ(現在のブダペストの一部)が制圧された後、オーストリアハプスブルク家ハプスブルク帝国)が支配した、元のハンガリー王国の北部と西部に当たる地域である。現在のハンガリー西部、スロバキア領、クロアチア領、オーストリア領(ブルゲンラント州)などが含まれる。

1593年から勃発した長期トルコ戦争の舞台となり、この戦争は長期に及び、講和は1606年のジトヴァ・トロク条約によりなされた。

1663年に勃発した墺土戦争の戦場にもなり、オスマン側はウイヴァール城塞を攻略した。サンクトゴットハルトの戦いでオスマン軍は敗れたものの、翌年結ばれたヴァシュヴァールの和約によりウイヴァールはオスマン側が領有することになった。

1683年大トルコ戦争が始まった後も戦争の舞台となったが、これを撃退し1687年モハーチの戦いで勝利後はバナト以外のかつてのハンガリー領を回復した。

関連項目編集