メインメニューを開く

珍嬪(ちんひん、1804年12月16日 - 1830年以前)は、道光帝の側室。満洲鑲藍旗の出身。姓はヘシェリ(赫舎里)氏。

誕生日は嘉慶9年11月15日(1804年12月16日)。父は正三品按察司按察使の容海。母はイルゲンギョロ氏

はじめ、后妃選定面接試験「選秀女」を受けて合格し、「珍貴人」に封ぜられた。道光4年(1824年)4月に珍嬪に進んだ。翌道光5年(1825年)、「珍妃」に進んだ。しかし道光6年(1826年)、珍嬪に降格された。

道光9年11月以前(西暦1830年初め以前)、死去した。死亡と埋葬については記録がない。慕陵の妃園寝に陪葬されなかった。また、多山(珍嬪の弟)の墓志銘[1]には珍嬪の記録がない。

逸話編集

『清宮詞』によれば、ある夕刻、道光帝は激怒して侍衛の王氏を呼ぶと、御剣を手渡し、後宮で一人の妃嬪を誅殺させた。妃嬪の名前は記録がない。

脚注編集

  1. ^ 2009年6月22日、北京果子店村で出土

参考文献編集

  • 『晋封珍貴人珍嬪冊文』
  • 『星源集慶』