メインメニューを開く

理忠女王

りちゅうじょおう

理忠女王(りちゅうじょおう、寛永18年8月22日1641年9月26日) - 元禄2年8月26日1689年10月9日))は、江戸時代前期の尼僧。父は後水尾天皇。母は櫛笥隆子。幼名は柏宮京都宝鏡寺第21世門跡

理忠女王

続柄 後水尾天皇第十四皇女
称号 柏宮、高徳院
出生 寛永18年8月22日1641年9月26日
死去 元禄2年8月26日1689年10月9日)(享年49)
埋葬 真如寺内宝鏡寺宮陵
父親 後水尾天皇
母親 櫛笥隆子
役職 宝鏡寺第21世門跡
テンプレートを表示

1656年明暦2年)、宝鏡寺に入って得度し、法諱を理忠、号を義山と号した。1681年天和元年)、景愛寺の寺主となって紫衣を許可され、1689年(元禄2年)に高徳院の号を賜った。墓所は真如寺内の宝鏡寺宮陵にある。