メインメニューを開く

瑞穂村(みずほむら)とは、千葉県山辺郡(のちに山武郡)にかつて存在した村である。現在の大網白里市の西南部にあたる。大網白里市立瑞穂小学校にその名をとどめるほか、合併後に開発された地域が「みずほ台」と命名されている。

瑞穂村
廃止日 1951年4月1日
廃止理由 新設合併
大網町瑞穂村山辺村大網町
現在の自治体 大網白里市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
山武郡
隣接自治体 山武郡大網町、土気町、山辺村、増穂村
長生郡本納町新治村
瑞穂村役場
所在地 千葉県山武郡瑞穂村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

沿革編集

交通編集

鉄道編集

現在は永田駅が旧村域内に存在するが、瑞穂村が存在した時期には開業していなかった。

道路編集

関連項目編集