メインメニューを開く

田中 多太麻呂(たなか の ただまろ)は、奈良時代貴族。名は多太万呂とも記される。朝臣官位正四位下右大弁

 
田中多太麻呂
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 宝亀9年1月11日778年2月12日
別名 多太万呂
官位 正四位下右大弁
主君 孝謙天皇淳仁天皇称徳天皇光仁天皇
氏族 田中朝臣
テンプレートを表示

経歴編集

孝謙朝の天平宝字元年(757年従五位下中衛員外少将に叙任される。淳仁朝では天平宝字3年(759年上総員外介、天平宝字5年(761年東海道節度副使と地方官を兼ね、天平宝字4年(760年)従五位上に叙せられた。

天平宝字6年(762年陸奥守兼鎮守副将軍に任ぜられて以降、東北地方の経営を担当する。また、天平宝字8年(764年)に発生した藤原仲麻呂の乱では直接戦闘に関与しなかったが、従四位下鎮守将軍に昇進している。神護景雲元年(767年伊治城築城の功労により二階昇進して正四位下に叙せられた。

神護景雲3年(769年宮内大輔に任ぜられ帰京、翌神護景雲4年(770年民部大輔に転じ、同年8月の称徳天皇大葬では山陵司を務めた。

光仁朝に入ると、宝亀2年(771年美濃守として地方官に転じる。宝亀8年(777年右大弁(兼出雲守)に任ぜられ京官に復す。宝亀9年(778年)1月11日卒去。最終官位は右大弁正四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

参考文献編集