田中松月

田中 松月(たなか しょうげつ、1900年明治33年)9月15日 - 1993年平成5年)5月12日[1])は、日本政治家僧侶部落解放運動家。日本社会党所属の衆議院議員(当選3回)。本名は久光。

目次

来歴編集

福岡県嘉穂郡大隈村(現・嘉麻市)の被差別部落の出身。1925年、旧制平安中学校(現・龍谷大学付属平安中学校・高等学校)卒業。浄土真宗の僧侶となる。そのかたわら部落解放運動に身を投じ、1922年全国水平社創立大会には福岡県からの唯一の参加者として出席。1935年には全国水平社中央委員に就任。1939年には福岡県議会議員に当選、1946年まで務めたのち、1946年の第22回衆議院議員総選挙で衆議院議員に初当選(日本社会党)。その後3回連続当選するが3期目早々に公職追放される。以後は僧侶及び解放運動家としての活動に専念する。浄土真宗本願寺派では同朋運動本部副本部長などを歴任した。

著書編集

「わかりやすい同朋運動のはなし」など。

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、769頁。

参考文献編集

関連項目編集