メインメニューを開く

田川市石炭・歴史博物館

田川市石炭・歴史博物館(たがわしせきたんれきしはくぶつかん、Tagawa City Coal Mining HIstorical Museum)は福岡県田川市にあり、筑豊地方最大の炭鉱であった三井田川鉱業所伊田坑の跡地に、田川市石炭資料館として1983年オープンし、2005年に博物館法に拠る博物館として、田川市石炭・歴史博物館に改称した。 かつて日本のエネルギーを支えた筑豊炭田石炭産業に関する資料を展示した石炭鉱業史の専門館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 田川市石炭・歴史博物館
Tagawa City Coal Mining Historical Museum
Tagawa Coal-mining Memorial Park.jpg
石炭記念公園内の伊田竪坑櫓
田川市石炭・歴史博物館の位置(福岡県内)
田川市石炭・歴史博物館
福岡県内の位置
施設情報
正式名称 田川市石炭・歴史博物館
前身 田川市石炭資料館
専門分野 石炭鉱業史
事業主体 田川市
管理運営 田川市教育委員会
延床面積 2,273.62㎡
開館 1983年5月
所在地 825-0002
福岡県田川市大字伊田2734-1
石炭記念公園内
位置 北緯33度38分27.4秒 東経130度48分50.4秒 / 北緯33.640944度 東経130.814000度 / 33.640944; 130.814000座標: 北緯33度38分27.4秒 東経130度48分50.4秒 / 北緯33.640944度 東経130.814000度 / 33.640944; 130.814000
アクセス JR日田彦山線平成筑豊鉄道田川伊田駅下車徒歩8分
西鉄バス石炭記念公園口バス停より徒歩5分
外部リンク 田川市石炭・歴史博物館
プロジェクト:GLAM
博物館前の広場にある炭坑節発祥の地記念碑

目次

概要編集

田川市の石炭記念公園内にあり、地上2階建て。

筑豊地区の石炭の生成の地質学的な解説から始まり、原始的な採掘から近代的な採掘までの、炭鉱で使われた道具や機械類の変遷を展示解説している。また炭鉱労働者の労働風景や生活を描いた絵画、写真や文学の展示もある。屋外展示スペースには実際に炭坑での作業に使われた電気機関車やトロッコ、炭坑用機械などが展示され、当時の炭鉱夫が暮らした標準的な炭鉱住宅が再現されている。現在の日本のエネルギー事情まで解説した内容の濃い博物館である。また、石炭採掘中に出土したものなどを中心とする歴史的資料も展示されている。

博物館の向かいには“『炭坑節』発祥の地”の記念碑が建っている。この公園内には三井田川炭鉱の二本煙突と伊田竪坑櫓、筑豊地区で使われた蒸気機関車9600形(59684)と貨車石炭車)1両が保存されている。収蔵している実際の炭坑労働者だった山本作兵衛作の絵画585点、日記6点、雑記帳や原稿など36点が、福岡県立大学が保管する絵画4点、日記59点、原稿など9点と合わせた計697点が、2011年5月25日ユネスコにより日本で初めてユネスコ記憶遺産(世界の記憶)に登録された。

利用案内編集

  • 所在地:〒825-0002 福岡県田川市大字伊田2734-1 石炭記念公園内
  • 開館時間:9:30 - 17:30(入館は17:00まで)
  • 休館日:月曜日(休日の場合は火曜日)、年末年始(12月29日 - 1月3日)
  • 入館料:大人210円、高校生100円、小・中学生50円
    • 団体割引(全体で20名様以上)大人150円、高校生70円、小・中学生30円
    • 障がい者割引 大人100円、高校生50円、小・中学生30円

交通アクセス編集

外部リンク編集