田油津媛(たぶらつひめ)は、『日本書紀』に記述される山門郡に居たとされる土蜘蛛の巫女女王。日本書紀では仲哀9年3月丙申に神功皇后により誅殺されたとされるが、事実とすれば4世紀半ば頃の出来事になる。

概要編集

田油津媛には夏羽という兄がいたが、夏羽率いる軍は妹の死を聞いて逃亡したとされる。

丙申、轉至山門縣、則誅土蜘蛛田油津媛。時田油津媛之兄夏羽、興軍而迎來。然聞其妹被誅而逃之。

山門郡の女王という記述から、邪馬台国連合の女王卑弥呼(248年死去)の100年後の子孫と見る説もある[1]が、金印が出土した奴国で二万戸、北部九州に確定している他の国が数千戸なのに対し投馬国は五万戸、邪馬台国に至っては七万戸で規模が桁違いであること、音韻学的にも「邪馬台」は「ト」(乙類)に対して、「山門」は「ト」(甲類)であるため、専ら否定されている[誰によって?][要出典]

福岡県みやま市の老松神社には、田油津媛(葛築目)を葬った蜘蛛塚[注釈 1]とよばれる古墳が残されている。

雨が降ると古墳から血が流れるという言い伝えがある[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 別名大塚明治時代までの旧称は女王塚だった。しかし大正2年の頃、神社南の田の中まであった古墳を分断する形で新道建設がなされたとき、皇室への忖度で蜘蛛塚へと改称された。

出典編集

  1. ^ 若井敏明 『邪馬台国の滅亡 大和王権の征服戦争』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー 294〉、2010年4月。ISBN 978-4-642-05694-6 
  2. ^ ひもろぎ逍遥 老松神社と蜘蛛塚

関連項目編集

外部リンク編集