メインメニューを開く

田渡村(たどむら)は、1955年昭和30年)まで愛媛県上浮穴郡にあった。現在の喜多郡内子町の北東部、四国山地の山中に位置する純山村であった。

たどむら
田渡村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
田渡村参川村小田町村小田町
現在の自治体 内子町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
上浮穴郡
団体コード 消滅時制度なし
隣接自治体 広田村父二峰村小田町村内子町(廃止時)
田渡村役場
所在地 制度なし
愛媛県上浮穴郡田渡村大字上田渡
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

現在の喜多郡内子町の北東部。古くは上浮穴郡に属したが、平成の合併により、郡境を越えて合併したため、現在は喜多郡に属する。

小田川の支流の田渡川の流域。田渡川は父二峰村(後の久万町)との境の下坂場峠付近に源を発し、西流して落合で広田村から南流してきた玉谷川と合流、さらに上田渡で広田村高市から南流してきた高市川と合流し、さらに南へと下る。突合(地名)で西流してきた小田川と合流し、西流する。臼杵はさらに支流である。田渡川、臼杵川ともに切り立った渓谷が続き、谷底平野はほんど発達していない。

歴史編集

藩政期

  • 大洲藩領。元和年間に上・中・下の3か村に分村。下はその後の大字吉野川。

明治以降

参川村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)
臼杵  ━━┓
吉野川 ━━┫
中田渡 ━━╋━━━━━ 田渡村   ━━━┓ 
上田渡 ━━┛              ┃(昭和30年3月31日合併)
                     ┣━━ 小田町
                      ┃      
             参川村  ━━━┫     
                      ┃      
             小田町村 ━━━┛     
(注記)参川村、小田町村の合併までの系譜については、それぞれの村の記事を参照のこと。

地域編集

臼杵(うすき)、吉野川(よしのかわ)、中田渡(なかたど)、上田渡(かみたど)の4つの大字があった。いずれも明治の村制発足前からの旧村であり、小田町になっても大字として存続した。

行政編集

役場は大字上田渡においた。

教育編集

上田渡に尋常小学校、大字中田渡、臼杵に分教場があった。

産業編集

三椏、木材などを産した。明治・大正期には小田川の流れを利用した流しが行なわれた。

交通編集

四国山地の山中のため、鉄道等はない。

突合から落合、下坂場峠はかつての遍路道。

関連項目編集