メインメニューを開く
復元されたストーンサークル

田端遺跡(たばたいせき)は、東京都町田市小山町にあるストーンサークル(田端環状積石遺構)・集落跡・祭祀遺跡である。1971年昭和46年)3月29日に東京都指定史跡に指定された。田端東遺跡(縄文時代中期中葉から後葉)に隣接する。遺構は盛土保存されストーンサークルのレプリカが置かれている。

目次

概要編集

田端遺跡は縄文時代中期から晩期の境川の丘陵地に広がる遺跡であり、150軒程度の竪穴式住居があった。

田端環状積石遺構は田端遺跡の墓地に縄文時代後期から晩期にかけて作られた遺構とされている。大小約900個の石を東西に集積した9メートル南北に7メートルの楕円形のストーンサークルである。

1968年玉川学園考古学会浅川利一らが中心となり発掘、加曾利B式の土器などが出土。町田市が土地を買い取り・保存、1971年昭和46年)3月29日に東京都指定史跡に指定された。また遺構下部は未調査である。

丹沢山地富士山が展望できたとされ、また冬至に蛭ケ岳の真上に太陽が沈むのが観測できることからこの場所が選ばれたとされている[1]

周囲には多摩ニュータウンNo.245遺跡(縄文時代後前期から中葉)もあり遺跡群となっている。

アクセス編集

出典編集

参考文献編集

  • 鈴木直人谷口榮深澤靖幸『遺跡が語る 東京の歴史』東京堂出版、2009年。ISBN 978-4-490-20663-0

外部リンク編集