田蓑橋

大阪市、堂島川に架かる橋

田蓑橋(たみのばし)は、大阪府大阪市北区にある、堂島川(旧淀川)に架かる。大阪市北区堂島3丁目と中之島3丁目を結んでいる。

田蓑橋
田蓑橋北詰の蛸の松

北詰に大阪中之島合同庁舎NTTテレパーク堂島、南詰にダイビル本館などがある。

歴史編集

橋名は難波八十島(なにわのやそしま)のひとつである田蓑島(たみののしま)に由来する[1]。ただし、架橋地点が田蓑島に該当するかは不明。明治期まで河岸には「蛸の松」という巨木が存在した[1](蛸の松は史跡として整備され新たな松が植えられている)。

  • 1693年(元禄6年)、堂島開発に伴い、最初の橋が架設された。木造で、橋長は46間半9寸5歩(91.9m)、幅員2間8寸(4.2m)。この橋は1885年(明治18年)の洪水時に落橋。直後に木桁橋で復旧された。
  • 1901年(明治34年)に鉄柱の橋として改築された。
  • 1929年(昭和4年)、第一次都市計画事業に於いて鉄筋コンクリート柱の橋に改築された。
  • 1964年(昭和39年)に鋼床版桁橋に架け替え[1]

仕様編集

  • 鋼床版桁橋。
  • 橋長82.3m、幅14.7m。

周辺情報編集

地図編集

交通アクセス編集

出典編集

  1. ^ a b c 田蓑橋 国土交通省近畿地方整備局 大阪国道事務所、2020年7月11日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯34度41分37.4秒 東経135度29分28.2秒