メインメニューを開く

田辺 光彰(たなべ みつあき、1939年 - 2015年3月30日)は、日本彫刻家[1][2]

田辺光彰
生誕 1939年[1]
神奈川県[1][2]
死没 2015年3月30日[1][2]
出身校 多摩美術大学[1][2]
著名な実績 彫刻[1][2]
受賞 第1回ヘンリー・ムーア大賞展ジャコモ・マンズー特別優秀賞
1979年
第7回神戸須磨離宮公園現代彫刻展宇部市野外彫刻美術館賞
1980年
[2]
公式サイト www.portwave.gr.jp/tanabe/
この人物に影響を
与えた芸術家
イサム・ノグチ[2]

来歴編集

1939年昭和14年)[1]神奈川県横浜市生まれ。神奈川県立横浜翠嵐高等学校[3]多摩美術大学彫刻科を卒業後、イサム・ノグチと出会い、影響を受ける。巨大なステンレス鋼製のモニュメント作品を数多く手がけ[2]農業野生稲[1]の保全などをテーマに活動した[2]2015年平成27年)3月30日肺炎のため川崎市病院で死去。76歳没[3]

主な作品編集

 
『さく』(長野県佐久市

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 田辺光彰美術館”. 日吉の森文化財団. 2018年6月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “【訃報】田辺光彰氏 大スケールのモニュメント作品手掛ける”. 美術年鑑社. (2015年4月2日). http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/48414/ 2018年6月9日閲覧。 
  3. ^ a b 田辺光彰さん死去 野生稲モチーフの彫刻家(2015年4月12日付)”. 神奈川新聞社 (2016年8月8日). 2018年6月9日閲覧。
  4. ^ 伊藤修. “極北の国際ジーンバンクに彫刻家・田辺光彰氏の作品”. 2018年6月10日閲覧。

外部リンク編集