メインメニューを開く

国立現代美術館(こくりつげんだいびじゅつかん)は、大韓民国京畿道果川市ソウル大公園、およびソウル市内の景福宮東側と徳寿宮にある現代美術美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 国立現代美術館
施設情報
開館 1969年
所在地 大韓民国の旗大韓民国 京畿道果川市莫渓洞 山58-4
アクセス 地下鉄4号線大公園駅 下車 シャトルバスまたは徒歩20分
外部リンク 国立現代美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
国立現代美術館
各種表記
ハングル 국립현대미술관
漢字 國立現代美術館
発音 クンニプヒョンデミスルガン
英語案内: National Museum of Modern and Contemporary Art, Korea (MMCA)
テンプレートを表示
ソウル大公園内にある国立現代美術館果川館
徳寿宮石造殿西館(国立現代美術館徳寿宮館)
ソウル館の内部

沿革編集

1969年にソウルの景福宮内で開館し、1986年にソウル大公園に移転(現・国立現代美術館果川館)。分館として1998年に徳寿宮美術館(現・国立現代美術館徳寿宮館)を開館。2013年11月13日には、ソウル都心の景福宮近くに国立現代美術館ソウル館を開館させた[1][2]。さらに2018年12月27日に、忠清北道清州市国立現代美術館清州館(国立美術品収蔵保存センター)を開館した。

ソウル館のオープンにより、国立現代美術館は3館の役割分担を明確にしている[2]

  • ソウル館 - 21世紀のいま制作されている現代美術作品、およびメディアアートなど新しい形式の作品
  • 果川館 - 韓国の現代美術を中心とする
  • 徳寿宮館 - 20世紀初頭の韓国の近代美術を中心とする
  • 清州館 - 保管および修復を中心とする。収蔵庫を公開して作品を並べ、保管と公開を同時に行う。また保管・修復技術者の育成も行う。

また英文名称も従来の「National Museum of Contemporary Art, Korea」に「Modern」が加わり、略称は「MMCA」となった。

年表編集

  • 1969年 - 景福宮内に国立現代美術館を開館。
  • 1973年 - 徳寿宮石造殿に移転。
  • 1986年 - ソウル郊外の京畿道果川市に移転。地上3階建て。
  • 1998年 - 徳寿宮内に分館として徳寿宮美術館を開館。地上3階建て。中村與資平の設計で1938年に開館した李王家美術館新館(石造殿西館)を利用している。
  • 2013年 - 景福宮東門正面の、国軍機務司令部(軍の犯罪捜査機関・情報機関)および軍ソウル地区病院の跡地にソウル館を開館。地上3階建て、地下3階建て。病院の建物を一部残しているほか、景福宮に近く高さ制限があるため、展示空間はほとんどが地上1階および地下1階にある。
  • 2018年 - 忠清北道清州市KT&Gタバコ工場跡地に、清州館を開館。

主な所蔵作品編集

脚注編集

外部リンク編集