メインメニューを開く

甲山古墳(かぶとやまこふん)は、埼玉県熊谷市冑山にある円墳である。

甲山古墳
Kumagaya Kabutoyama Kohun 1.jpg
甲山古墳(2013年9月)
所在地 埼玉県熊谷市冑山
位置 北緯36度4分43.1秒
東経139度24分24.3秒
座標: 北緯36度4分43.1秒 東経139度24分24.3秒
形状 円墳
規模 直径90m、高さ11.5m
出土品 埴輪
築造時期 6世紀後半
史跡 平成元年(1989年)県指定
テンプレートを表示

目次

概要編集

比企丘陵北端、標高57メートルの緩斜面上に所在する。埼玉県下では埼玉古墳群丸墓山古墳に次ぐ大きさの円墳であるが、帆立貝形古墳とする説もある。墳丘は2段構成で、埴輪片が採取されている。江戸時代に墳頂から銅鏡や玉類、武器、須恵器などが出土したらしいが、それらの遺物は所在不明となっている。1989年に、付近のとうかん山古墳とともに県の史跡に指定された。

参考文献編集

  • 塩野博 『埼玉の古墳・大里』 さきたま出版会、2004年

関連項目編集

外部リンク編集