男が女を愛する時 (映画)

男が女を愛する時』(原題:When a Man Loves a Woman)は、1994年制作のアメリカ合衆国恋愛映画

男が女を愛する時
When a Man Loves a Woman
監督 ルイス・マンドーキ
脚本 ロナルド・バス
アル・フランケン
製作 ジョーダン・カーナー
ジョン・アヴネット
製作総指揮 サイモン・マスロー
ロナルド・バス
アル・フランケン
出演者 アンディ・ガルシア
メグ・ライアン
音楽 ズビグニエフ・プレイスネル
主題歌 パーシー・スレッジ
男が女を愛する時
撮影 コルタイ・ラヨシュ
編集 ガース・クレイヴン
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年4月29日
日本の旗 1994年9月3日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $50,021,959[1]
テンプレートを表示

ルイス・マンドーキ監督、アンディ・ガルシアメグ・ライアンなどが出演。タイトルはパーシー・スレッジ同名の楽曲から取られており、本作の主題歌になっている。

あらすじ編集

シングルマザーの教師アリスはパイロットのマイケルと再婚、まもなく彼との間に娘ケイシーが生まれ、先夫との娘ジェスも含めた4人での生活が始まった。しかし、マイケルはパイロットという仕事柄、家を留守にしがちなため、やがてアリスは酒で孤独を紛らわせるようになる。そしてついには、日常生活も困難な程の重度のアルコール依存症になってしまう。

事の重大さに気づいたマイケルは、アルコール依存症を克服させるため、アリスを療養所に入院させる。アリスは辛い禁断症状を克服して順調に回復、やがて退院を果たした。しかし、マイケルはアリスを気遣い過ぎるあまり、逆にアリスを追い詰めていき、マイケルもまた、家庭や子供の事を負担するうちに、自身も追い詰められていく。

ある日、2人は大喧嘩になり、とうとうマイケルは家を出て行ってしまう。数日後、2人が雇っている家政婦のエイミーが子供を出産、病院にお祝いに駆けつけたマイケルとアリスは偶然再会する。アリスは数日後に行われる講演会でアルコール依存症を克服した経験を話すので来て欲しいとの思いを伝えるが、マイケルはデンバーへの転勤が決まっていたため、失意のアリスは立ち去る。

講演会の日、アリスは自分が依存症に苦しみ、家族に辛い思いをさせた事、マイケルに対し自分が心の扉を閉じてしまった事を後悔している事などを正直に語る。アリスがスピーチを終えると、彼女の前にマイケルが現れた。マイケルは、自分もアリスの話をきちんと聞かなかったことを反省していると話す。そして2人は固く抱き合い、長いキスをして、お互いに愛し合っていることを再確認するのだった。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集