町田 久政(まちだ ひさまさ、? - 慶長3年11月18日1598年12月16日))は、安土桃山時代薩摩国島津氏の家臣。通称は源六、源左衛門。別名は忠顕。父は町田久徳、母は伊集院久盈の娘。子は町田久則

町田久徳の三男として誕生する。兄の町田久倍は島津家の老中を務めていたが、一方で大口(現・鹿児島県伊佐市)の地頭にも任命される。しかし老中職を全うしながら大口への居住は難しいとして、久政が地頭代となり、代わりに大口へ居住した。

文禄・慶長の役が発生すると、萌黄の大立物のを被り、大口の人数を率いて参陣する。慶長3年(1598年)の泗川の戦いで功を為したが、同年11月の露梁海戦にて戦死した。法名は「剣叟紹鉄居士」。鹿児島の福昌寺に葬られた。

参考文献編集

  • 本藩人物誌』 鹿児島県史料集(13)(鹿児島県史料刊行委員会)