メインメニューを開く

畠山 義深(はたけやま よしふか/よしとお[1]元弘元年(1331年) - 康暦元年/天授5年10月12日1379年11月21日))は、南北朝時代の武将。畠山氏6代当主。畠山家国の子。兄弟に畠山国清足利基氏室が、子に畠山基国畠山深秋がいる。通称、三郎増福寺と号。

国清とともに幕政に参与、関東で兄とともに北朝方として戦う。以降兄と行動を共にし、康安元年(1361年)11月、兄国清が伊豆で挙兵した際もこれに従うが(畠山国清の乱)、敗北し降伏[1]貞治5年(1366年)、幕府に許され、貞治の変で失脚した斯波高経の分国であった越前守護に任命され、高経を打ち破った[1]。のち、能登守、越中守、河内守、和泉守、紀伊守、伊豆、越前守護を歴任した[1]

脚注編集

参考文献編集

  • 槇道雄『鎌倉・室町人名辞典コンパクト版』安田元久新人物往来社ISBN 4-404-01757-X
  • 田辺久子『関東公方足利氏四代』吉川弘文館ISBN 4-642-07789-8
先代:
畠山国清
河内畠山氏
第6代
次代:
畠山基国