異聞猿飛佐助 (映画)

異聞猿飛佐助』(いぶんさるとびさすけ)は、1965年7月10日に松竹が配給した、篠田正浩監督、主演高橋幸治による時代劇映画である[2]中田耕治の同名小説を映画化したもの。篠田正浩はこの作品を最後に松竹を退社した[3]。また石原慎太郎が特別出演した[4]

異聞猿飛佐助
Samurai Spy
監督 篠田正浩
脚本 福田善之
原作 中田耕治
製作 山内静夫
ナレーター 日下武史[1]
出演者 高橋幸治
宮口精二
渡辺美佐子
岡田英次
石原慎太郎
丹波哲郎
音楽 武満徹
撮影 小杉正雄
編集 杉原よ志
製作会社 松竹大船
配給 松竹
公開 日本の旗1965年7月10日
上映時間 100分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
テンプレートを表示

関ケ原の戦の後、徳川軍と豊臣軍の関係が悪化、その裏で多くの忍者たちが暗躍し、争う姿を描いた作品である[5]

あらすじ編集

配役編集

スタッフ編集

併映作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c 異聞猿飛佐助”. 国立フィルムアーカイブス. 2022年8月11日閲覧。
  2. ^ デジタル大辞泉プラス「異聞猿飛佐助」の解説”. KOTOBANK. 2022年8月11日閲覧。
  3. ^ 意外な人物の特別出演 娯楽作品だが私小説的”. 文春オンライン. 2022年8月11日閲覧。
  4. ^ 石原慎太郎都知事、48年ぶりの映画出演!自書「青木ヶ原」映画化”. Cinematoday. 2022年8月11日閲覧。
  5. ^ 異聞猿飛佐助”. 文化庁 日本映画情報システム. 2022年8月11日閲覧。

外部リンク編集