メインメニューを開く

高橋 幸治(たかはし こうじ、1935年6月10日 - )は、日本俳優

たかはし こうじ
高橋 幸治
本名 高橋 幸治
生年月日 (1935-06-10) 1935年6月10日(84歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県十日町市
職業 俳優
活動期間 1960年 - 2001年
主な作品
太閤記』『飢餓海峡』『天と地と
新・平家物語』『子連れ狼』『黄金の日日
テンプレートを表示

来歴・人物編集

新潟県十日町市出身。新潟県立十日町高等学校東洋大学経済学部卒業。大学在学中に、文学座俳優の宮口精二の運転手となる。

1959年、研究生として文学座に入り、1963年『日本の孤島』で初舞台。同年、新藤兼人脚本・監督の『母』で映画デビューする。

1965年NHK大河ドラマの『太閤記』の織田信長役に抜擢され、一躍人気を獲得。当時、放送局に多数のファンから「信長を殺すな」という投書が殺到し、本能寺の変の放送を延期させたというエピソードがある。同年、映画『アンデスの花嫁』南米ロケから帰国後、過労のため入院したことを文学座に告知するのが遅れ、出演予定だった舞台公演に穴を空けたとして、文学座を除籍された。

しかし人気は衰えず、翌1966年NHK朝の連続テレビ小説おはなはん』に主人公の夫・速水謙太郎中尉役で出演。この時も物語半ばで死去する役であったが、『太閤記』と同様に多くの助命嘆願が寄せられ、死去の時期が延びている。その後も、NHK大河ドラマには『天と地と』(1969年)、『新・平家物語』(1972年)、『黄金の日日』(1978年)に立て続けに出演。『黄金の日日』では、『太閤記』以来の織田信長を演じ、同じく『太閤記』で豊臣秀吉を演じた緒形拳と13年ぶりのコンビ共演を果たした。大河ドラマ以外でも、『飢餓海峡』『幻化』『崖』『わらの女』『壬生の恋歌』『凛凛と』などNHKのテレビドラマに出演した。

民放のテレビドラマでは、1973年萬屋錦之介主演の『子連れ狼』で初代柳生烈堂1974年の『丹下左膳』では主役の左膳、1981年の『関ヶ原』では大谷刑部などを演じた。時代劇や現代劇の大作、話題作と呼ばれるものに多く出演していた。映画では山本薩夫監督の『戦争と人間』、松林宗恵監督の『連合艦隊』(宇垣纏役)、実相寺昭雄監督の『帝都物語』(幸田露伴役)に出演するなど、精力的に活動した。

舞台でも、『風とともに去りぬ』の初代レット・バトラー役に始まり、多くの作品に出演していたが、1990年代以降寡作となり、2001年以降は半ば引退状態になった。

その後も俳優として公の場に現れることはほぼなく、岐阜県土岐市の広報『広報とき』2005年5月1日号(NO1357)掲載の「特別インタビュー」[1]が最後の姿になっている(当時69歳)。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • 日本の孤島(1963年)
  • 風と共に去りぬ(1966年)
  • ハムレット(1972年)
  • 静御前(1974年)
  • 早春スケッチブック(1984年)
  • はなれ簪女おりん(1985年)
  • BENT(1986年)
  • 櫂(1989年)
  • ルナ(1992年)
  • かもめ(1994年)
  • 怒涛(2000年)
  • 冬の運動会(2001年)

OVA編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『広報とき』2005年5月1日号(NO1357)特別インタビュー 俳優・高橋幸治さんが語る「やきものの魅力」(土岐市役所発行) 1991年に土岐市制作のドキュメンタリードラマ「バサラの器~織部の出生の秘密」に古田織部役で出演、2005年3月末に土岐市の織部の里公園や土岐市美濃陶磁歴史館を訪れた、とある。
  2. ^ ドラマ 幻化 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

外部リンク編集