畳 (単位)

部屋の床面積を表す単位

(じょう)は、部屋の大きさ(床面積)を表す単位である。と表記するのは慣用である。特に不動産会社広告などでは「帖」と表記される傾向が強い。

概要編集

本来は、実際にが敷かれている部屋(和室日本間)の畳の枚数で床面積を表すものだが、畳が敷かれていない部屋(洋間など)の場合でも一般的な畳の大きさに基づいて面積を計算し、便宜的に「畳」で床面積を表す場合が多い。現代では感覚的な大きさを示す感覚単位として用いられている。

ただし、畳の大きさには複数の種類があるので、どのサイズの畳に基づくかによって面積は変わる[1][2]

脚注・出典編集

  1. ^ 部屋の広さに大きな差が!畳は種類によってサイズが違う”. オリーブオイルをひとまわし (2021年3月11日). 2021年5月28日閲覧。
  2. ^ 地域・建物によって全然違う!?畳の大きさは全国共通ではなかった!”. オリーブオイルをひとまわし (2021年2月17日). 2021年5月28日閲覧。

関連項目編集