世界の疾病負荷(WHO, 2019年)[1]
順位 死因 DALYs (万) DALYs(%) DALYs
(10万人当たり)
1 新生児疾患 20,182.1 8.0 2,618
2 虚血性心疾患 18,084.7 7.1 2,346
3 脳卒中 13,942.9 5.5 1,809
4 下気道感染症 10,565.2 4.2 1,371
5 下痢性疾患 7,931.1 3.1 1,029
6 交通事故 7,911.6 3.1 1,026
7 COPD 7,398.1 2.9 960
8 糖尿病 7,041.1 2.8 913
9 結核 6,602.4 2.6 857
10 先天異常 5,179.7 2.0 672
11 背中と首の痛み 4,653.2 1.8 604
12 うつ病性障害 4,635.9 1.8 601
13 肝硬変 4,279.8 1.7 555
14 気管、気管支、肺がん 4,137.8 1.6 537
15 腎臓病 4,057.1 1.6 526
16 HIV / AIDS 4,014.7 1.6 521
17 その他の難聴 3,947.7 1.6 512
18 墜死 3,821.6 1.5 496
19 マラリア 3,339.8 1.3 433
20 裸眼の屈折異常 3,198.1 1.3 415

疾病負荷(しっぺいふか、: disease burden)とは、経済的コスト、死亡率、疾病率で計算される特定の健康問題の指標のことである。疾病負荷は、死亡率や疾病率の両方とも一つの指標に結びつけた質調整生存年[2] (QALYs) または障害調整生命年 (DALYs) の用語で数値化される。疾病負荷は様々なリスク要因や疾病による疾病負荷の比較を容易にする。疾病負荷は健康影響について起こりうるインパクトを予測することもできる。

世界保健機関 (WHO) は、様々な環境問題について国または地域で疾病負荷をどのように算出するのか詳細な説明[3]を提供している。WHOによって使われている関連した概念は障害損失年数 (years lost due to disability, YLD) であり、これは個人の相対的に重大な健康損失も考慮に入れられている。障害損失年数は、健康を損ねた状態で過ごした期間を損失年数として等価で算出したものである。2004年において、障害損失年数の世界で最も重大な原因は男性女性とも単極性うつ病である[4]

統計編集

WHOは2004年に、世界では傷病によって150億DALYが失われていると推計している[5][6]

障害調整生命年 (DALY) = 損失生存年数 (YLL) + 障害生存年数 (YLD)[7]
疾病分類 YPLLに占める割合
(%, 全世界)[6]
DALYに占める割合
(%, 全世界)[5]
YPLLに占める割合
(%, 欧州)[6]
DALYに占める割合
(%, 欧州)[5]
YPLLに占める割合
(%, 米・カナダ)[6]
DALYに占める割合
(%, 米・カナダ)[5]
感染寄生病、とくに下気道感染、下痢AIDS結核マラリア 37% 26% 9% 6% 5% 3%
神経精神症状(うつ病など) 2% 13% 3% 19% 5% 28%
外傷、とくに交通事故 14% 12% 18% 13% 18% 10%
循環器疾患、主に心筋梗塞脳梗塞 14% 10% 35% 23% 26% 14%
早産と新生児死(乳児死亡率) 11% 8% 4% 2% 3% 2%
悪性腫瘍 8% 5% 19% 11% 25% 13%

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ (Excel) Global health estimates: Leading causes of DALYs (Report). 世界保健機関. (2020-12). Download the data > GLOBAL AND BY REGION > DALY estimates, 2000–2019 > WHO regions. https://www.who.int/data/gho/data/themes/mortality-and-global-health-estimates/global-health-estimates-leading-causes-of-dalys 2021年3月27日閲覧。. 
  2. ^ http://canscreen.ncc.go.jp/yougo/08.html
  3. ^ World Health Organization (WHO). “Practical guidance for assessment of disease burden at national and local levels”. 2009年1月30日閲覧。
  4. ^ World Health Organization (WHO) (2004) (PDF). The global burden of disease: 2004 update, Part 3, Disease incidence, prevalence and disability (Report). http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/GBD_report_2004update_part3.pdf 2009年1月30日閲覧。. 
  5. ^ a b c d Standard DALYs (3% discounting, age weights): WHO subregions   (Microsoft Excelの.xls)”. Disease and injury regional estimates for 2004. World Health Organization. 2015年7月1日閲覧。
  6. ^ a b c d Standard DALYs (3% discounting, age weights): WHO subregions (YLL)   (Microsoft Excelの.xls)”. Disease and injury regional estimates for 2004. World Health Organization. 2015年7月1日閲覧。
  7. ^ Havelaar, Arie (August 2007) (pdf). Methodological choices for calculating the disease burden and cost-of-illness of foodborne zoonoses in European countries. Med-Vet-Net. http://www.medvetnet.org/pdf/Reports/Report_07-002.pdf 2008年4月5日閲覧。. 

外部リンク編集