メインメニューを開く

脳卒中

脳を栄養する血管の障害による疾患

脳卒中(のうそっちゅう)とは、内の出血や血管障害を原因とする発作。

日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた[1]

脳卒中は救急疾患英語版である[2]脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む[1]

中風中気あたりとも[3]

目次

種類編集

脳卒中には様々な種類があり[1]血管の詰まりによる脳梗塞、血管の破れによる脳出血などがある。両者は現象としては異なるが、結果として脳細胞が損傷される点では共通し[1]、半身麻痺言語障害意識障害などが生じることがある[1]。重度の場合は発作により突然倒れるが、それ以前にろれつがまわらなくなるなどの初期症状が見られる場合がある[4]。脳動脈瘤が破れるクモ膜下出血も脳卒中に含まれる[5]

語源編集

「卒中」の語源は「卒然として中(あた)る」から[6]。「中風」と呼ばれたのはが原因だと考えられたため[7]

後遺症編集

脳卒中はしばしば重篤な後遺症を残す[8]

出典編集