白根礼吉

日本の電気通信技術開発・研究者

白根 礼吉(しらね れいきち、1927年2月1日 - )は、日本電気通信技術開発・研究者。

略歴編集

秋田県秋田市仲通町出身。1948年東北帝国大学理学部電気工学科を卒業。日本電信電話公社に入り、技術局調査役、データ通信本部普及開発部長、総括部長、副本部長などを経て、1975年電気通信科学財団理事長となる。1978年、郵政大臣表彰。多摩大学教授を務めた[1]

著書編集

  • 『テクノロジー・アセスメント その手法と事例研究』日本経済新聞社、1973年
  • 『新情報産業論 (現代セミナー)現代研究会、1980年
  • 『新コミュニケーション革命 日本型情報化社会のゆくえ』東洋経済新報社、1983年
  • 『ニューメディア社会の構図』日本放送出版協会<NHK市民大学>、1986年
  • 『日本型情報化社会 未来シナリオを語る』電気通信協会、1986年

共編著編集

翻訳編集

  • ダニエル・ベル/E・G・メッサニー『知識文明の構想 知識・技術がつくる未来』編訳、ダイヤモンド社<ダイヤモンド現代選書>、1969年
  • デービッド・アリソン編『R&Dゲーム 企業の研究開発作戦』小嶋国雄共訳 ダイヤモンド社、1971年

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002