メインメニューを開く

白滝神社

白滝神社(しらたきじんじゃ)は、群馬県桐生市川内町にある神社である。

白滝神社
所在地 群馬県桐生市川内町五丁目3288番地
位置 北緯36度27分20.48秒
東経139度19分21.71秒
座標: 北緯36度27分20.48秒 東経139度19分21.71秒
主祭神 八千々姫命、白滝姫命
主な神事 太々神楽(桐生市指定無形民俗文化財
テンプレートを表示

目次

概要編集

仁田山織の産地として知られた桐生市川内町にあり、織物の神である八千々姫命と白滝姫命を主祭神としている。境内には「降臨石」と呼ばれる巨石や、桐生市指定天然記念物となっている大ケヤキがある。

歴史編集

社伝によると、京から仁田山に嫁いだ白滝姫によって、機神である八千々姫命を祀った神社が創建されたことを起源とする。仁田山の地に養蚕業を広めた白滝姫は、後に桐生織の祖神として、八千々姫神ととも祀られるようになった。

参考文献編集

  • 佐々木正純 編著 『きりゅう百景』 2008年(平成20年)196頁、105 白滝神社

関連項目編集