白石中の島通

白石中の島通(しろいしなかのしまどおり)は、北海道札幌市白石区から豊平区に至る札幌圏都市計画道路である。

概要編集

歴史編集

  • 1929年(昭和4年)に、幌平橋から平岸通を結ぶ昭和通が開通。当時のルートは平岸1条6丁目から現在のKKR札幌医療センター(幌南病院)の前を通るルートであった。

地理編集

起点から南西へ進み、札幌市内を大きく西へ弧を描きながら進む。平岸駅のある平岸通交点付近から、中の島駅のある終点まで、札幌市営地下鉄南北線が通りの地下を走る。

交差する道路編集

周辺編集

関連項目編集