メインメニューを開く

白石 元治郎(しらいし もとじろう、1867年8月20日慶応3年7月21日) - 1945年昭和20年)12月24日)は、日本実業家日本鋼管の初代社長。白石同族代表社員[1]浅野財閥創始者浅野総一郎の娘婿にあたる[2]

目次

経歴編集

高田藩(榊原家)の下級武士、前山孫九郎の子として、白河に生まれた[3][4]。16歳の時、白石武兵衛の養子となる[4]。貧しい為に、大学では、教員の高橋是清や鈴木校長や掛川銀行頭取の永富謙八に借金をしたり、大学の助手として働きながら学んだ[5]。在学中は、ボート部に所属して体を鍛えた[6]。1892年に帝国大学法科大学[7]を卒業すると、恩師穂積陳重の紹介で浅野商店浅野財閥)に入社した[8]が、浅野総一郎の秘書として日曜祭日も休まずに働かされた[9]。明治28年(1895年)に、浅野総一郎の次女と結婚した[10][11]

白石元治郎は、大学時代の友人で官僚の内田嘉吉から、航海・造船奨励法により政府が奨励金を給付するとの情報を得た。浅野総一郎はこれをチャンスとして捉えて、1896年(明治29年)に東洋汽船を設立した[12]。白石も東洋汽船の経営に参画するようになり、13,000トン級の船を3隻天洋丸地洋丸春洋丸)(天洋丸級貨客船)という当時は不可能と思われていた規模の船舶建造を推し進めて成功した[11][13]。後に海運不況になり、収拾の為に白石と浅野が一緒に世界中を廻っていた時に、「君がこんなことを云ひはじめたものだから、えらい目に遭って了った。」と浅野総一郎に言われた[14]

その後、全て輸入に頼っていた民需用鋼管を国産化することを模索していた、帝大時代の学友でボート仲間の、八幡製鉄所出身の技術者[11]今泉嘉一郎に協力し、1912年日本鋼管株式会社を設立した[15]。いつもは新しい事業に積極的だった浅野総一郎は、製鉄事業は赤字に成ると考えて消極的だった。それで、白石が浅野から独立したような形で、資金集めや製鉄機械の購入を行い、浅野は側面から援助しただけだった[16]。工場の建設は翌年のことで、場所は現在地と同じ川崎の現南渡田であった。資本金は200万円、最初の事務所は木造90坪ほどであった[17]

1934年(昭和9年)に、政府主導で、官営八幡製鉄所と日本中の主要な製鉄会社が合併して日本製鐵を結成した時に、白石元治郎は反対を唱えて、浅野財閥の製鉄所(日本鋼管浅野小倉製鋼所浅野造船所製鉄部)は参加しなかった[18]。その結果、後々まで日本鋼管が存続して、今日のJFEホールディングスJFEスチール)に繋がった。

1945年12月に病を得、同24日死去した。享年79。

人物編集

1931年開業の、鶴見線武蔵白石駅は白石元治郎にちなんで名づけられた[11]

浅野総一郎の死後は、浅野財閥で一族の長老として重きをなした[19]

博多随一の富豪四代太田清蔵とは兄弟のような交際をしていた[20]。趣味は読書[1]。宗教は仏教[1]

家族・親族編集

白石家

東京芝三田功運町[1]

  • 養父・武兵衛[1]
  • 二男・琢二[1]
1897年 -
1901年 -

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第13版 上』シ110頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年5月25日閲覧。
  2. ^ 白石元治郎 【しらいしもとじろう】”. 講談社コトバンク. 2014年6月7日閲覧。
  3. ^ 以下、特記ない限りは銅像(北緯35度30分41秒 東経139度43分00秒 / 北緯35.511408度 東経139.716759度 / 35.511408; 139.716759)の説明文より。
  4. ^ a b 上岡一史 (2006年11月17日). “民間鉄鋼企業を先導した企業家活動-田宮嘉右衛門と白石元治郎-(日本の企業家活動シリーズNo.42) (PDF)”. イノベーション・マネジメント研究センター ワーキングペーパーシリーズ. 法政大学. 2019年3月19日閲覧。
  5. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、58-63ページ。
  6. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、53-54ページ。
  7. ^ この当時、帝国大学は現在の東京大学の1校だけで、名称が「東京帝国大学」となったのは京都帝国大学が設立された1897年である(デジタル大辞泉)。また現在の「×学部」に当たるものは1886年から1918年まで「×科大学」を名乗っていた(東京大学大学院法学政治学研究科・法学部年譜)
  8. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、99-102ページ。
  9. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、112ページ。
  10. ^ 日本鋼管株式会社取締役社長河田重『財閥関係役員でないことの承認申請書』昭和23年2月5日、7ページ。
  11. ^ a b c d JFE歴史資料館 (PDF)”. 川崎市役所. 2014年6月7日閲覧。
  12. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、125-126ページ。
  13. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、137-141ページ。
  14. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、140ページ。
  15. ^ 森川英正『日本財閥史』教育社歴史新書、1986年、110ページ。
  16. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、169〜170ページ。
  17. ^ 記念碑(北緯35度30分41秒 東経139度43分02秒 / 北緯35.511488度 東経139.717343度 / 35.511488; 139.717343)より。
  18. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、1938年、253ページ。
  19. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.77。
  20. ^ 『働き盛りの男』60頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年5月25日閲覧。

参考文献編集

  • 白面人『働き盛りの男』やまと新聞出版部、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。