メインメニューを開く

白鬚浜駅(しらひげはまえき)は、かつて滋賀県高島郡高島町大字鵜川(現在の高島市鵜川[1])にあった江若鉄道廃駅)。

白鬚浜駅
しらひげはま
SHIRAHIGEHAMA
白鬚 (1.2km)
(1.7km) 高島町
所在地 滋賀県高島郡高島町大字鵜川
所属事業者 江若鉄道
所属路線 江若鉄道線
キロ程 36.6km(浜大津起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1951年(昭和26年)7月1日
廃止年月日 1969年(昭和44年)11月1日
備考 臨時駅
テンプレートを表示

琵琶湖の白鬚浜水泳場の最寄り駅であり、夏の水泳シーズンのみ営業する臨時駅であった。

歴史編集

白鬚浜駅は1951年(昭和26年)に開業した[1]。開業と同じころには、白鬚浜水泳場が京都の観光事業会社によって開発されている[1]。夏場の水泳客の便宜を図って設けられた臨時駅であり[1]、当駅は白鬚神社への参拝を兼ねて琵琶湖での水泳を楽しむ行楽客で賑わいを見せた[2]。なお、江若鉄道では当駅のほかにも青柳ヶ浜駅近江舞子南口駅といった水泳客向けの臨時駅を開設していて(近江舞子南口駅はのちに常設駅に変更)、夏の行楽客輸送に身を入れていたことが窺える[3]

江若鉄道は1969年(昭和44年)10月31日をもって営業を終了し[4]、当駅も翌11月1日に廃止された[5]

駅構造編集

白鬚浜駅線路配置図

白鬚
         
         

高島町
凡例
出典:[6]

白鬚浜駅では旅客のみを取り扱った[7]ホームは線路の片側(近江今津方面に向かって右側)に1面のみであった(単式ホーム[6]

駅周辺編集

駅があった場所は白鬚浜水泳場の駐車場の南寄りに当たる[1]。当駅から隣の高島町駅にかけて、江若鉄道の線路は打下日吉神社の境内を横断し、琵琶湖の内湖である乙女ヶ池の西岸を進んでいた[1]。日吉神社のあたりからは線路跡が盛土となっていて、これを進むと江若鉄道の廃線後に開通した湖西線の線路に行き当たる[8][9]

隣の駅編集

江若鉄道
江若鉄道線
白鬚駅 - (臨)白鬚浜駅 - 高島町駅

脚注編集

参考文献編集

  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社、2008年。ISBN 978-4-10-790027-2
  • 今尾恵介(編著)『新・鉄道廃線跡を歩く』4(近畿・中国編)、JTBパブリッシング、2010年。ISBN 978-4-533-07861-3
  • 大津市歴史博物館 編『企画展 ありし日の江若鉄道 ―大津・湖西を結ぶ鉄路(みち)―』大津市歴史博物館、2006年。
  • 大津市歴史博物館 編『江若鉄道の思い出 ありし日の沿線風景』サンライズ出版、2015年。ISBN 978-4-88325-554-2
  • 竹内龍三「私鉄車両めぐり(70) 江若鉄道」『鉄道ピクトリアル』第17巻第1号(通巻192号)、鉄道図書刊行会、1967年1月、 70-77頁、 ISSN 0040-4047(再録:『私鉄車両めぐり 関西』鉄道図書刊行会〈鉄道ピクトリアル別冊 鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション 19〉、2010年、102-114頁。全国書誌番号:21848519
  • 寺田裕一『新 消えた轍 ―ローカル私鉄廃線跡探訪―』8 近畿、ネコ・パブリッシング〈NEKO MOOK〉、2010年。ISBN 978-4-7770-1075-2
  • 吉田恭一『地形図で辿る廃線跡 古地図とともにいまはなき鉄道を歩く』心交社、1998年。ISBN 4-88302-345-1